このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 海外の活動>スカラーシッププログラム スカラーシッププログラム
スカラー写真
ハロハロの会では,フィリピン・セブ市ルルドの聖母教区教会の奨学金プログラムを支援しています。このプログラムは1986年から始まり,スポンサーはヨーロッパや日本の方が中心となっています。現在約500名の子どもたちが奨学生(スカラー)として学校に通っていますが,まだ多くの子どもたちが経済的理由から学校に通えずに,スポンサーの支援を待っている状況です。
子どもたちが心身ともに健全に成長できるようにハロハロの会では日本でスポンサーを募り,現地との仲介を行っています。より多くの子どもたちが教育を受けることができるよう、支援してくださる方を探しています。
ハロハロの会 スカラーシッププログラムは、1対1,顔の見える関係を目指しています。
基本的に1人のスポンサーに対し1人の奨学生(スカラー)をお願いし、スポンサーの方には、支援対象のスカラーの子どもから手紙や絵などが届きます。
その子どもに関するデータと写真、手紙などが届き,目に見えて成長を応援することができます。
小学生(7~12才)年間  ¥20,000
高校生(13~16才)年間  ¥30,000
大学生(17才以上)年間  ¥40,000~60,000(公立・私立によって異なる)
*高校生・大学生からの支援も可能です。
*別途事務手数料 (年額)¥1,000 が(奨学生とのコミュニケーションに必要な郵送料等)必要となります。
1人でも多くの子どもが1年でも学校に行けるようにとの基本方針から,1年のみの支援も受け付けます。興味を持たれた方は下記までご連絡下さい。
フィリピン支援NGO ハロハロの会
スカラーシッププログラム支援グループ
E-mail:scholar@halohalo-group.com(担当:二階堂)
私のスカラー,レイアジョイはダンスがとても上手な小学6年生の女の子です。スポンサーになって何度か会いに行きましたが,真剣に勉強している姿,一生懸命ダンスをしている姿から私自身「がんばらなきゃ!」とパワーをもらっています。
 会いに行けなくても手紙で学校での様子を知らせてくれるので,スカラーの成長と「つながり」を感じることができます。
 レイアジョイの夢は先生になること。私のフィリピンでの最初の小さな友達でもある彼女の夢を叶えるための手伝いができ,かつ成長を見守ることができて喜びながらサポートしています。  
吉田 大(団体職員)

blog1

blog2

videolink


Twitterボタン